HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省集計】年齢調整死亡率が改善‐最低は男女とも長野

2012年3月2日 (金)

 厚生労働省の集計によると、年齢構成の違いを補正した後の2010年の人口10万対死亡率は、男が544.3、女が274.9でいずれも前回05年調査時から低下した。三大死因による死亡も改善し、悪性新生物が男182.4、女92.2、心疾患が男74.2、女39.7、脳血管疾患が男49.5、女26.9だった。

 年齢調整死亡率は、高齢化などの影響を除いた死亡状況を地域間や年別に比較できる。

 全国平均の10万対死亡率は05年から5年間で男が48.9ポイント、23.7ポイント下がった。

 都道府県別では男女とも長野が最も低く(男477.3、女248.8)、青森県が最も高い(男662.4、女304.3)。長期的にみると1965年にみられた東日本で高く、西日本で低い状況が解消されてきている。厚労省は「原因の一つとして、東高西低傾向のある脳血管疾患の死亡率が、全国的に大幅に低下し、差が小さくなってきたことがあげれる」としている。

 なお、死因別では自殺の全国平均が女で上昇した。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録