HOME > 企画 ∨ 

輸出攻勢強めるインド製薬産業 [5] IPCAラボラトリーズ

2012年3月30日 (金)

循環器製品でトップシェア

IPCAラボラトリーズ 国際戦略事業部門担当副社長のムラリ・サルマ氏

 IPCAラボラトリーズ(本社ムンバイ)は、インドの中堅製薬企業で、原薬(API)とジェネリック医薬品(GE薬)を世界120カ国にグローバル展開している。高血圧治療薬や非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)で高いシェアを誇るほか、抗マラリア薬の製造では、インド国内でリーダーの地位を固めている。今後、グローバル製薬企業とパートナーシップを確立し、先進国における競争力強化を目指す方針だ。その一つとして日本に焦点を当て、APIとGE薬の売り込みを図る。


この記事の続きは、「薬事日報」本紙、薬事日報ウェブデータベース「YAKUNET」でお読みいただけます。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

企画 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録