HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【薬食審医薬品第一部会】日本発のDPP-4阻害薬が登場

2012年5月2日 (水)

 薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会は4月27日、田辺三菱製薬の日本発DPP-4阻害薬「テネリア錠」、グラクソ・スミスクラインのパーキンソン病治療薬「レキップCR錠」など2件の薬事承認を了承した。

 ▽テネリア錠20mg(田辺三菱製薬):有効成分はテネリグリプチン臭化水素酸塩水和物。効能・効果は2型糖尿病。

 同剤は、1日1回の経口投与で済む。また、腎排泄率が低く、腎機能が低下した患者にも使いやすいという特徴がある。

 DPP-4阻害薬としては、MSDと小野薬品のシタグリプチン、武田薬品のアログリプチン、ノバルティスファーマのビルダグリプチン、日本ベーリンガーインゲルハイムのリナグリプチンが既に承認されており、同剤は国内で5番目。再審査期間は8年。海外での承認はない。

 ▽レキップCR錠2mg同8mg(グラクソ・スミスクライン):有効成分はロピニロール塩酸塩。効能・効果はパーキンソン病。

 同剤は、麦角系のドパミンD2受容体作動薬。1日3回投与の速放性製剤「レキップ錠」を徐放化したもので、1日1回の経口投与で済むようにし、服薬コンプライアンスを高めた。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録