HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【理研/順天堂】包括的な連携協定締結‐先端技術の実用化目指す

2012年5月2日 (水)

協定書に調印し握手する野依(右)、小川の両氏

 理化学研究所(野依良治理事長)と順天堂(小川秀興理事長)は4月26日付で、包括的な連携・協力に向けた基本協定を締結した。年内に順天堂大学内に臨床研究推進部を立ち上げ、人材交流を行いながら共同研究を進める。当面のテーマには診療科横断的な癌バイオマーカーの探索が挙がっており、遺伝子解析結果を含めたサンプル情報を統合したデータセンターの構築にも取り組む。

 同日の調印後には両理事長が会見した。

 小川氏は「シーズを生み出す研究サイドに臨床ニーズが十分に伝わらないため、医薬品・医療機器の実用化に結びついていない。協定が現状打破のブレークスルーになることを期待すると」と述べた。

 野依氏は「理研は自然科学に関する国内唯一の総合研究所との自負があるが、公的な存在として、よりイノベーションの創出に寄与しなければならない」とした上で、「基礎研究だけでなく、医療上のニーズをとらえていく必要がある。医療に変革をもたらし、社会に貢献したと言える成果が出ると信じている」と語った。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録