HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

臨床研究中核病院・グローバル拠点、分かってきた具体的構想‐成果の社会還元を目指して

2012年8月22日 (水)

 厚生労働省が今年度から整備する「臨床研究中核病院」5機関と「日本主導型グローバル臨床研究拠点」2機関の具体的構想が分かってきた。医薬品・医療機器の開発や新規治療法の確立に向けて、自らICH‐GCPに準拠した国際水準の臨床研究を立案して実行するだけでなく、「ARO:Academic Research Organization」として他施設をどう支援するのか、各機関の整備目標を厚労省がホームページで公表している。

臨床研究中核病院

北大病院‐信頼される臨床研究

 臨床研究中核病院(表参照)のうち北大病院は、研究シーズとして世界初の分子追跡陽子線治療装置や、道内に患者が約640人存在すると推定される難治性神経疾患「多系統萎縮症」の治療薬などがある。多施設共同研究として拡張期心不全に対するCa拮抗薬治療の有効性の検証も進め、心不全治療のエビデンス創出も目指す。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録