HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【MSD】ワクチンは“選択的に”提携‐アルバレズ社長「インフルと肺炎で相乗効果狙う」

2012年9月10日 (月)

 MSDのトニー・アルバレズ社長は4日、都内で記者会見し、阪大微生物病研究会と季節性インフルエンザワクチンの国内販売契約を結んだワクチン事業について、「日本でワクチン事業を拡大するためには、季節性インフルエンザワクチンを販売できることが重要。高齢者にインフルエンザワクチンと、われわれの肺炎球菌ワクチンを提供できる相乗効果が見込める」と強調。今後も選択的なパートナーシップを行い、ワクチン事業を拡大していく考えを示した。

 MSDの2012年上半期業績は、前年度比9%増と好調に推移。米メルクのグローバル売上高に占める割合は、MSD発足時の9・3%から11・9%に拡大した。アルバレズ氏は「グローバルの中で日本の存在感が増している」と手応えを語った。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録