HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

山中教授が田中文科相を表敬訪問‐研究費支援に謝意

2012年10月15日 (月)

田中文科相を表敬訪問した山中教授(左)

 iPS細胞(人工多能性幹細胞)を初めて作製した功績でノーベル医学・生理学賞を受賞した京都大学iPS細胞研究所長の山中伸弥教授は12日、田中真紀子文部科学大臣を表敬訪問し、これまでの研究費支援に謝意を示した。田中大臣は「人類の幸せにつながる結果を出してくださった」と祝福の言葉を贈った。

 この日は、山中教授と京都大学の松本紘総長らが文部科学省を訪れ、ノーベル医学・生理学賞の受賞を報告した。山中氏は「iPS細胞の研究は、2005年ぐらいから進めてきたが、文科省には当時からずっと支援していただいてきた。07年にはヒトの皮膚からiPS細胞を作製でき、11月に報告したにもかかわらず、年度内の予算がついたことに驚いたことを覚えている。昨年の震災後も研究費の支援を継続していただき、そのおかげで私たちの研究はもちろん、日本全体の研究が進み、今回の受賞につながったと心から感謝している」と謝意を述べた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録