HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

中井企画官「地域医療のカギはOTC薬‐薬剤師向け研修会実施を検討」

2012年10月22日 (月)

 厚生労働省医薬食品局総務課の薬事企画官に就任した中井清人氏は本紙の取材に応じ、「薬局・薬剤師は地域医療の担い手になる必要がある」と指摘。薬局がセルフメディケーションの支援や、地域住民の健康相談などに関わるためには、「OTC薬を取り扱うべき」と主張した。中井氏は、かつて薬局が“町の科学者”と呼ばれていた時代に戻るべきとの考えも示し、「薬剤師がOTC薬を扱うということはぜひ強化したい」と述べ、薬剤師を対象とした研修会の実施を検討していることも明らかにした。

現場での問題解決能力も必要

 生活者の間で意識が高まっているセルフメディケーションは、正しい知識に基づくものでなければ、症状の改善や健康維持に役立たないこともある。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録