HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【理研研究グループ】日本人のアトピー性皮膚炎発症‐関連の8ゲノム領域を発見

2012年10月23日 (火)

 アトピー性皮膚炎発症に関連する新たなゲノム領域八つを、理化学研究所ゲノム医科学研究センター呼吸器疾患研究チームと九州大学、慶応義塾大学、東京慈恵会医科大学を中心とする共同研究グループが、ゲノムワイド関連解析の結果、発見した。この成果は今後、臨床研究での仮説立案や治療標的分子の絞り込みに役立つと期待されている。

 アトピー性皮膚炎患者の多くは、遺伝的なアトピー体質を持っている。治療ガイドラインの普及により、良好に皮膚炎をコントロールできるようになってきているが、適切な治療を行っても効果が少ない難治性の症例も存在することから、科学的な病態の解明や、それに基づく治療法の確立が急務だ。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録