HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【APSMI】セルフMの推進、薬局が重要な役割‐韓国で第1回総会

2012年10月29日 (月)

佐藤会長(右)と新会長のKim氏

 第1回アジア太平洋セルフメディケーション協会(APSMI)総会が19、20の2日間、韓国製薬協会(KPMA)の主催により、ソウル市の国際会議場で開かれ、アジア諸国や欧米から約400人が参加し、日本からも50人以上が出席した。テーマは「セルフケアが切り開く未来」で、アジア太平洋諸国ともに高齢化社会、健康保険財政悪化の恐れが共通する認識であり、その解決策の一つとしてセルフメディケーションが重要で、この推進のためには「生活者の啓発、地域薬局の役割が極めて重要である」ことを確認した。

 今回は世界セルフメディケーション協会(WSMI)の第9回アジア太平洋地域会合との併催で、開会式ではWSMIのGuo会長、APSMIの佐藤誠一会長、ホスト協会であるKPMAのLee理事長があいさつ。総会では佐藤会長が座長を務め、APSMIの活動報告や研究成果、討論が行われた。OTC薬をめぐる市場動向・政策などのセッションでは、日本OTC医薬品協会の吉野俊昭会長が「生活者教育」で講演した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録