HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【矢野経済研究所】11年は0.2%増の7850億円と推計‐国内OTC市場を調査

2012年11月1日 (木)

 市場調査とマーケティングの矢野経済研究所(東京中野区)は、今年6月から9月にかけて国内OTCメーカー等を対象に調査を行った結果を「OTC市場の展望と戦略2012年版」と題するレポートにまとめ、発行した。これによると、11年のOTC市場規模(出荷金額ベース、指定医薬部外品を含む)は、前年比0・2%増の7850億円と推計している。なお、市場全体としては微増ではあるが、2年ぶりのプラス成長となる。

 11年の市場規模推計7850億円の内訳は、一般用医薬品が6500億円(3・2%増)、指定医薬部外品が1350億円(11・8%減)。薬効別では、10年の猛暑による伸長の反動と夏場の需要期における天候不順などで、ドリンク剤市場が低迷した一方で、新製品(ロキソニンS)の発売により市場が活性化した解熱鎮痛剤、積極的な販促活動や新製品投入が奏功したビタミン剤などが好調だった。主な薬効群の11年市場は次の通り。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録