HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【田辺三菱製薬】新製品が順調に進捗‐土屋社長「GE事業、新たな枠組み模索」

2012年11月2日 (金)

 田辺三菱製薬の土屋裕弘社長は10月29日、2012年度中間決算説明会で会見し、C型慢性肝炎治療薬「テラビック」や、関節リウマチ治療薬「シンポニー」をはじめとする新製品の売上高合計が「当中間期で約90億円に達した」と報告。新製品が順調に進捗していることを強調した。また、長生堂との資本提携を解消したジェネリック事業については、「15年売上高500億円を目指して、どのような枠組みで他社と協業するか検討している」とコメントした。

 新製品に関しては、第一三共との販売提携し9月に発売したDPP‐4阻害剤で、2型糖尿病治療薬「テネリア」の発売初月売上高が両社合計で22億円を計上し、順調な立ち上がりを見せている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録