【新製品】抗アレルギー薬と血管収縮薬、W処方の第1類点鼻薬を発売 大正製薬

2012年11月16日 (金)

パブロン点鼻クイック

 大正製薬は、抗アレルギー薬「ケトチフェンフマル酸塩」に、鼻づまり症状を素早く改善する血管収縮薬「ナファゾリン塩酸塩」を配合した点鼻薬「パブロン点鼻クイック」(第1類医薬品)を、9日から新発売した。これら2成分をダブルで処方した点鼻薬は日本で初めて。初年度販売目標額(発売日より1年間の出荷額)は2・3億円としている。

 ケトチフェンフマル酸塩は、アレルギーを元から抑える抗アレルギー作用、起きてしまった症状・炎症を鎮める抗ヒスタミン作用、そして抗炎症作用というように“トリプル作用”を有する優れた抗アレルギー薬であるが、一方で、つらい鼻づまりに対する速効感が少なかったという製剤でもあった。

 今回新発売した「パブロン点鼻クイック」には、鼻アレルギーによるつらい鼻づまりに効果を発揮する「ナファゾリン塩酸塩」も配合し、血管を収縮させることで症状を抑える。従来品の「ケトチフェンフマル酸塩」単味製剤に比べて、鼻水・鼻づまりに優れた効果を示すのが特徴。

 税込み希望小売価格は、15mL1449円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録