【新製品】滲出型加齢黄斑変性治療薬「アイリーア硝子体内注射液」 バイエル薬品、参天製薬

2012年11月30日 (金)

 バイエル薬品と参天製薬は27日、滲出型加齢黄斑変性の治療薬として眼科用血管内皮増殖因子(VEGF)阻害剤「アイリーア硝子体内注射液40mg/mL」(一般名:アフリベルセプト)を新発売した。参天製薬が販売を担当し、医薬品情報提供活動は両社が共同で行う。

 国内のVEGF阻害剤としては「マクジェン」「ルセンティス」に続き3番目。「アイリーア」は「ルセンティス」より長い投与間隔で、同等の効果を有することが臨床試験で示された。ヒトVEGF受容体1と受容体2の鍵となる構造を摸したことが、こうした特性をもたらすと考えられている。

 導入期には1カ月ごとの連続3回投与、維持期には通常2カ月に1回投与することによって、視力を改善・維持させる効果が期待される。

 「アイリーア」の国内予測市場規模は発売後10年目に、2万8000人の248億円。日本では、同疾患は中途失明原因の第4位で患者数は増加傾向にある。VEGF阻害剤の治療対象となる国内患者数は推定約70万人。現在この市場は「ルセンティス」の寡占状態にあるが、「アイリーア」がそれをどこまで切り崩すことができるかが注目される。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録