HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】22日に新薬17成分薬価収載‐5成分に原価計算方式を適用

2013年2月15日 (金)

 厚生労働省は22日付で、新薬17成分25品目を薬価基準に収載する。内訳は内用が11成分15品目、注射が5成分6品目、外用が1成分4品目。5成分に原価計算方式を適用したが、ゼリア新薬の「ホスリボン」は営業利益率を平均値より低く設定した。また、「アレグラ」に塩酸プソイドエフェドリンを配合したサノフィの「ディレグラ」には、類似薬効比較方式で有用性加算を上乗せした。大塚製薬の「エルカルチン」は、2012年度薬価制度改革で導入した新ルールに基づいて、著しく高い米国の価格を他国平均の2倍とみなして算出した外国平均価格を用いて引き下げた。13日の中央社会保険医療協議会で了承された。

「ディレグラ」に有用性加算

 ▽コレアジン錠12・5mg(アルフレッサファーマ)=テトラベナジンを有効成分とするヒトモノアミン小胞トランスポーター阻害剤で、ハンチントン病に伴う舞踏運動を改善する。類似の組成、化学構造、投与形態を有する既収載品がないため、原価計算方式で算定した。予測市場規模はピーク時の10年目で320人、2億5000万円。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録