HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】SFTSを4類感染症に指定‐国内で新たに2人の死亡確認

2013年2月15日 (金)

SFTSの取り扱いを審議した厚科審の感染症部会

SFTSの取り扱いを審議した厚科審の感染症部会

 厚生労働省は13日、国内で初めて確認されたダニ媒介性の感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」について、新たに2人が死亡していたことを明らかにした。同日、厚生科学審議会感染症分科会の感染症部会を開き、SFTSを感染症法の4類感染症に政令で位置づけると共に、所持を届け出る3種病原体等に指定することを決めた。緊急性が高いことから、早急に意見募集を行い、3月上旬に改正政令の施行を目指す。

ウイルスも規制対象

 SFTSは、中国で2009年に発生が報告され、昨年原因ウイルスが特定された新しいダニ媒介性感染症。国内でも1月、国立感染症研究所の検査結果で、山口県の成人患者1人が昨秋にSFTSで死亡していたことが判明。さらに今回、愛媛県と宮崎県の成人男性2人が昨秋に死亡していたことが明らかになった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録