HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【沢井製薬】関東新製剤工場が完成‐今月中にも実生産開始

2013年3月18日 (月)

高品質・高生産性を実現

関東新製剤工場

 沢井製薬が約100億円を投じた同社最大級の新たな内服固形製剤製造棟を千葉県茂原市の関東工場内で稼働させた(写真)。ヒトとモノの動線を分離した自動搬送システムや交差汚染防止装置で高品質・高生産性を達成すると共に、照明にLEDライトを採用するなど、環境に配慮した設計によって無対策時に比べて約40%の省エネルギー化を実現した。今月中には実生産を開始する。

 新工場の延べ床面積は事務・品質管理棟を合わせて2万4551m2。製造棟は5階建てで年間生産能力は20億錠を誇る。従来の5・4億錠の4倍近い水準となり、沢井製薬全体として80億錠の生産規模を確保した。さらに機械を追加導入すれば40億錠まで増強でき、兵庫県にある現主力の三田工場の30億錠を凌ぐ。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録