HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】後発品促進でロードマップ‐新目標「17年度に数量シェア60%以上」

2013年4月10日 (水)

 厚生労働省は5日、後発品の使用促進に向けた新たなロードマップを発表した。後発品の新たな数量シェア目標は、長期収載品と後発品を含めた置き換え率の新指標を用い、2018年3月末までに60%以上を目指すと明記。業界団体に供給指針の策定、全後発品メーカーに「安定供給マニュアル」の作成を求め、ロードマップの達成状況をモニタリングすることを盛り込んだ。数量シェア目標や後発品メーカーに課す取り組みについては、モニタリングの結果を踏まえ、見直しを行うとした。

 数量シェアの新目標は、後発品に置き換えられる先発品と後発品をベースとして設定した。アクションプログラムでは、旧指標で05年9月時点の数量シェア16・8%を13年3月末までに30%にすることを目標にしていたが、この伸び率を前提に5年後までに60%以上とする新指標を設定した。新指標では、昨年9月時点の数量シェア22・8%は40%に相当し、18年3月末の60%は旧指標で34・3%となり、5年間で約1・5倍増を目指すものとなる。厚労省は「後発品の置き換えが進んでいることを考えると高い目標」としている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録