HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【田辺製薬・三菱ウェルファーマ】事業基本戦略を発表

2007年5月16日 (水)

事業基本戦略を発表した葉山夏樹田辺製薬社長(右)と小峰健嗣三菱ウェルファーマ社長
事業基本戦略を発表した葉山夏樹田辺製薬社長(右)と小峰健嗣三菱ウェルファーマ社長

 10月に合併予定の田辺製薬と三菱ウェルファーマは16日、2010年度までの事業基本戦略を発表した。関節リウマチ治療薬「レミケード」を軸とした免疫領域と、脳保護薬「ラジカット」を軸とした脳疾患領域を戦略領域と位置づけたほか、主力4品目に営業資源を集中し、10年度に売上高4800億円(06年度より18・5%増)、営業利益1000億円(同42・0%増)を目指す。海外事業展開は10年度以降、まずは腎領域で米国で本格化させる。ジェネリック薬事業は、2008年4月に販売子会社を設立し、10年度には100億円の事業規模に育成する。

 合併シナジーとしては、製品の重複などを除き、コスト面で200億円と売り上げ面で120億円を想定。コストシナジーのうち110億円は早期退職や採用抑制など1100人の人員削減でまかなう計画。MR2600人は堅持、戦略領域には専門MRを配置して、営業をスタートさせる。

 新会社社長予定の葉山夏樹・田辺製薬社長は16日、都内で会見し、「医薬品の創製という原点に立ち返り、医薬品の創製を通じて世界の人々の健康に貢献する」と新社での抱負を語った。この日は「飛躍」と「信頼」をイメージした新社のシンボルマークも発表した。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録