HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【都薬調査】後発品品質は改善傾向

2013年6月18日 (火)

さらなる改良必要

 東京都薬剤師会が都の委託で2011年度から2年間実施した後発品の品質に関する調査の報告書をまとめた。患者・薬剤師・医師・看護師等が指摘した後発品の品質に関する情報を会員から収集し、合計843品目延べ866件の品質情報を評価したところ、改良を求める意見が528件と全体の6割を占めた。ただ、4割の338件は後発品の有用性を認めるもので、「新しい製剤技術の利用や先発品に対する評価を踏まえた製品開発がなされているものがある」とした。

 改良が必要とした案件数は「PTP包装等」の123件が最も多く、剤形や錠剤の崩壊性などの「製剤」101件、「味、臭い」72件、「錠剤の大きさ等」49件、「外用剤の使用感」44件と続いた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録