HOME > 無季言 ∨ 

製薬業界のコーポレートカラーで多いものは

2013年07月10日 (水)

◆コーポレートカラーは、企業が持つ社風や雰囲気などを想起させる。生命関連産業である製薬業界で最も多かったのは「青」だった
◆中外製薬、小野薬品、ファイザー、田辺三菱製薬、久光製薬などが用いている。採用理由を聞けば、製薬企業が持つ社会的な使命感・信頼性が「青」とつながるとのこと。一方、「赤」を採用しているのが武田薬品、塩野義製薬。武田は、「赤はメインカラーであり、サブカラーとして様々な色を持っている」という
◆合併組はどうか。協和発酵キリンは、合併の際に社員に「新会社がどうありたいか」をヒアリングし、1位の「誠実感」を太い字体、2位の「躍動感」を他社が採用していない“オレンジ”で表現した。水色の住友製薬、赤の大日本製薬が合併して誕生した大日本住友製薬は「緑」。健康でイキイキした気分の状態、未来の可能性の象徴である若葉が由来だ
◆エーザイは、製薬企業らしく静脈と動脈をイメージして「青と赤」。それぞれのコーポレートカラーに、明日に賭ける製薬各社の思いが滲む。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報