HOME > 無季言 ∨ 

「処方箋どおり調剤するだけ」という印象

2013年9月4日 (水)

◆秋から次期診療報酬改定に向けた審議が中医協で本格化する。病院薬剤師の関係では病棟薬剤業務実施加算の拡充が焦点になると思われるが、薬局薬剤師は調剤報酬で何を求めていくのか
◆適切な薬物療法のためにきめ細かな薬学的管理指導やGE薬を含む薬剤選択に力を入れたり、在宅医療を積極展開する薬局にとっては現行点数には不十分な部分があるかもしれない
◆最近、健保組合関係者に薬局の役割をどう考えているか尋ねると、「あまり考えたことがない」との回答が返ってきた。GE薬の使用促進では重要なプレーヤーだが「処方箋どおり調剤するだけ」という印象が本音のようだ。面分業にメリットがあるのは事実だが、保険者の理解さえ得られない状況では心もとない
◆医療保険財政の厳しさが増す中、ここ数回の改定では特に調剤報酬に対する風当たりが強い。中医協で調剤報酬を議論する機会は多くない。“診療側の一員として”ではなく、“薬局・薬剤師として”何を主張していくのか、早い段階で薬剤師会に明確にしてもらいたい。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録