HOME > 無季言 ∨ 

後発品の初収載薬価は

2013年11月25日 (月)

◆厚生労働省は、次期薬価制度改革で後発品の初収載薬価を先発品の5割とし、バラツキの大きい価格帯をさらに削減する改正案を示した。10品目を超える内服薬の6割にとどまらず、全ての初収載品を5割とする大きな制度変更だ
◆厚労省の患者調査でも「金額が安くなると言っているが、実際にはそんなに変わらない」との指摘がある。確かに患者負担は保険薬局に加算が付くこともあり、当の薬局薬剤師からも「後発品を選ぶと、かえって患者負担が多くなる品目がある場合は先発品を出す」との声が出ていた。その意味で5割の提案は、患者が後発品のメリットを一層実感する契機にはなるだろう
◆ただ、後発品メーカーの言い分にも一理ある。特に情報提供でMRコストが膨らむのには医療機関の要求がある。海外と比べて日本の後発品メーカーのMR数は極端に多い。そう考えると、先発品並みを求めるのは酷な面もある
◆価格もMRコストも抑え、安価で良質な医療を患者に提供できるよう、利害関係者間で歩み寄れる点を探すことも重要だ。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録