HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本薬学会】次期会頭に太田広島大教授‐各賞受賞者なども決定

2013年12月4日 (水)

太田氏

 日本薬学会は2014年度役員候補の中で、現副会頭の太田茂氏(広島大学大学院医歯薬保健学研究院教授)を次期会頭候補とすることを理事会で確認した。また、15年3月25日から神戸市で開く第135年会の組織委員長を務める小林資正氏(大阪大学薬学研究科教授)を次期副会頭候補者(14年度)として承認した。14年度の学会賞や佐藤記念国内賞など各受賞者も決め、来年3月27日、熊本市で開く第134年会の総会で正式に承認する。

 太田氏は1976年に東京大学薬学部薬学科を卒業、81年に同博士課程を修了。同年8月から83年3月末までスイス連邦工科大学博士研究員、同年4月から東京大学で助手、93年1月から同助教授、97年4月から広島大学の教授に就任、現在に至っている。現在の主な研究課題はパーキンソン病発症・防御物質に関する研究で、主要な研究分野は神経化学・神経薬理学、応用薬理学、医療系薬学。薬学会のほか日本神経化学会、薬物動態学会に所属している。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録