HOME > 無季言 ∨ 

「花粉症のモーニングアタック」

2014年1月27日 (月)

◆まもなく今年も花粉の飛散が始まり、本格的な花粉症シーズンが到来する。エスエス製薬の花粉症ニュースレターでは「花粉症のモーニングアタック」を取り上げ、花粉症の症状は“朝”に出やすいことを紹介している
◆同社の調査によると、花粉症の症状の最もひどいタイミングに関しては、特に決まっていない人を除くと「起床時」が断トツとなっていた。屋内にいるにもかかわらず、多くの花粉症患者が「起床時」の症状に悩まされているのが実態のようだ
◆また、調査の結果から、朝は自律神経が夜間の副交感神経から日中の交感神経に切り替わるため、両者のバランスが一時的に乱れてモーニングアタックの症状が出やすくなるとの考えも指摘している
◆“朝”に花粉症の悪影響が出るということは、1日のスタートが台無しになってしまうことにもなる。“朝”から始まる1日を充実して過ごすために、夜に服用するタイプの鼻炎薬の活用をはじめ、“朝”の鼻炎症状をしっかりと抑えるための対策を講じることが重要だろう。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録