HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

価値観に基づく癌治療、方法選択と評価が課題に‐岡山大・藤原氏が提言

2014年2月19日 (水)

 岡山大学消化器外科学の藤原俊義教授は14日、厚生労働省のがん対策推進協議会に参考人として出席し、癌治療の提供体制や選択肢に関するインフォームド・コンセントの現状を示し、「個々の価値観に基づく治療法の選択をどのように進めていくべきか、それをどのように評価していくべきかが今後の課題」とした。

 藤原氏は、癌患者の5年生存率が1999年から2005年で5・4%と大きく改善してきているデータを示した上で、標準治療の提供体制は、手術のみの治療が減少し、手術か内視鏡による切除治療と薬物療法の組み合わせの登録症例が増加している現状を報告。全国における標準治療の均てん化が進み始めていることも紹介した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録