HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【参天製薬】抗エンドグリン抗体を導入‐加齢黄斑変性などの治療薬で

2014年3月7日 (金)

 参天製薬は、米トラコン・ファーマシューティカル社が保有する「TRC105」を含む抗エンドグリン抗体について、同社と3日付でライセンス契約を締結し、眼科疾患領域における研究開発権と全世界での販売権を取得した。滲出性加齢黄斑変性(wetAMD)などの眼科疾患治療薬として開発する計画だ。トラコン社に、1000万ドルの契約一時金、開発や販売の進捗に応じたマイルストンを支払う。

 エンドグリンは血管内皮細胞に存在する受容体。病態時の血管新生にかかわっている。参天は今後、病態の発生や増悪に血管新生が関係するwetAMDなどの治療薬として研究開発を進める。抗血管内皮細胞増殖因子(VEGF)製剤との併用や、単剤投与の可能性などを検討する。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録