HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本医学会】臨床研究の法制化で声明‐停滞を懸念「慎重な検討を」

2014年5月13日 (火)

 日本医学会は、厚生労働省の検討会で議論が始まった臨床研究の法制化について、慎重な対応を求める高久史麿会長名の声明を発表した。

 降圧剤バルサルタンの臨床研究データ改ざん事件の発覚を契機に、日本では医薬品等の薬事申請を目指した「治験」がGCPで規制される一方、研究者の自主「臨床研究」は法的拘束力のない倫理指針が適用される問題が改めて浮上。バルサルタン問題の真相究明、研究不正の再発防止に向けた厚労省検討会がまとめた報告書に、法制度を含めた検討を進めるべきと提言されたことを受け、4月から臨床研究の法規制に関する検討が始まった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録