HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】20品目を要指導医薬品に指定

2014年6月9日 (月)

 厚生労働省は6日、要指導医薬品に指定したスイッチ直後等の15品目と劇薬5品目の計20品目を公表した。

表:要指導医薬品一覧 (平成26年6月12日時点)

表:要指導医薬品一覧(平成26年6月12日時点)
※画像クリックで拡大表示

 スイッチ直後等品目のうち、要指導医薬品に指定されたアレルギー用薬は、「ストナリニ・ガード」(有効成分:メキタジン)、「アレジオン10」(エピナスチン塩酸塩)、「アレグラFX」(フェキソフェナジン塩酸塩)、「アイフリーコーワAL」(アシタザノラスト水和物)、「コンタック鼻炎Z」、「ストナリニZ」(セチリジン塩酸塩)、「アレギサール鼻炎」(ペミロラストカリウム・内用)、「ロートアルガードプレテクト」(トラニラスト)、「ノアールPガード点眼液」(ペミロラストカリウム・外用)の9品目。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録