HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【北大・阪大グループ】単純ヘルペスウイルス、宿主感染のメカニズム解明

2014年6月10日 (火)

 北海道大学大学院薬学研究院の前仲勝実教授、大阪大学免疫学フロンティア研究センターの荒瀬尚教授らの研究グループは、単純ヘルペスウイルスが宿主の免疫細胞から排除されることなく、体内へ入り込む巧妙な感染機構を解明した。免疫細胞表面にある蛋白質のPILRαが同ウイルス表面の糖鎖とペプチドを同時に認識する分子機構を解明したもの。この成果は、感染症・免疫などの生命現象の理解につながると共に、新規抗ウイルス薬、免疫調節薬、ワクチンの効果を高める薬(免疫賦活化剤、アジュバント)などを開発するための基盤ともなり得る。

 単純ヘルペスウイルスは脳炎や口唇ヘルペス、性器ヘルペス、皮膚疾患、眼疾患、小児ヘルペスなど、多様な疾患を引き起こす難治性の病原性ウイルスで、日本だけでも年間約7万人が治療を受けていると言われている。特に、性器ヘルペスは既存の抗ウイルス薬では完治が不可能で、ヘルペス脳炎では死亡に至る場合や重度の後遺症が残ることがあり、その感染機構の解明は、これらの感染症を制御する上で重要といえる。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録