HOME > 無季言 ∨ 

「しょうがない」と諦めない

2007年7月9日 (月)

◆辞任につながった久間章生防衛相の原爆投下「しょうがない」発言。呆れる一方で、ある経営者の言葉を思い出した
◆手術が必要な痔を注射で治す医薬品「ジオン」を生んだ沖縄の創薬ベンチャー「レキオファーマ」の奥キヌ子社長。6月にお会いした。「これは沖縄発の薬です」。「沖縄発」に力が入る
◆その想いが会社案内に綴られている。「沖縄から基地をなくしてほしいと願いつつも、基地から生まれる収入に沖縄が依存してきたことも事実なのです。沖縄に新しい産業を興したい――私がずっと思い描いてきた夢でした」
◆偶然出会った中国の痔の伝承薬をヒントに、開発を決めてジオン発売まで17年。奥社長は医薬品には素人。資金繰りに苦労しつつも「産業を興したいという想いで突っ走ってきた」と明かす
◆先の戦争、戦後処理の後遺症が残る沖縄を奥社長は「しょうがない」とは思わず、諦めなかった。いや、広島も長崎もどこも戦争、その後を生きてきた者は「しょうがない」で済まないのだ。その気持ちを久間発言は踏みにじる。一方、諦めない奥社長。同社は、植物由来の次なる医薬品を目指し、大学と共に研究中だ。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録