HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【JACDS】Dgs業界の再成長に向けた研究も‐今年度の事業計画を決定

2014年6月26日 (木)

関口会長

関口会長

 日本チェーンドラッグストア協会(JACDS、関口信行会長)は11日の通常総会(第15回)で、2014年度の事業計画を決定した。現在、地域包括ケアシステムへの移行、一般用医薬品のネット販売解禁、健康食品の機能性表示の規制緩和、薬局等店頭での血糖自己測定に向けた動きなど、「ドラッグストア業界を取り巻く環境は非常に大きな変革期にある」(同協会)ことから、今年度も国民目線に立ってセルフメディケーションを推進し、その受け皿となるべく、積極的な活動を行っていく。なお、組織面に関しては前年度を踏襲し、変更はない。

 JACDSは1999年6月の設立で、今月で15年目を迎えた。現在は、重要案件を検討する常任理事会のほか、組織委員会、執行委員会、法制委員会、人材育成委員会、防犯・有事委員会、調剤委員会、業界標準化推進委員会、セルフメディケーション推進委員会、社会貢献委員会、勤務薬剤師会、登録販売者制度向上委員会、ドラッグストアショー実行委員会──の各委員会が事務局と協力のもと、実質的な活動を行っている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録