HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省専門家会議】H7N9インフルワクチン、7月にも臨床試験開始へ

2014年6月30日 (月)

 厚生労働省の新型インフルエンザ専門家会議は24日、H7N9型鳥インフルエンザワクチンの臨床試験を実施する方針を了承した。国内非臨床試験の結果、H5N1ワクチンに比べて発熱傾向が見られたものの、安全性が認められたと判断。国内のパンデミックに備え、早ければ7月末にも第I/II相試験として、医師主導治験をスタートさせる予定だ。

 厚労省は昨年、H7N9型鳥インフルエンザが今後パンデミックを起こす可能性が否定できないことなどから、ワクチン製造に着手することを決定。これまで実施した国内非臨床試験の結果、マウスとカニクイザルによる免疫原性試験では、H5N1ワクチンと同程度の免疫が得られた。一方、ウサギによる発熱試験では複数の試料で発熱が見られ、H5N1ワクチンと比べて発熱傾向にあった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録