【新製品】ALK融合遺伝子陽性非小細胞肺癌治療薬「アレセンサカプセル20mg、同40mg」 中外製薬

2014年9月8日 (月)

 中外製薬=ALK融合遺伝子陽性非小細胞肺癌(NSCLC)治療薬「アレセンサカプセル20mg、同40mg」(一般名:アレクチニブ塩酸塩)を新発売した。切除不能な進行・再発患者を効能・効果に使用する。

 中外製薬鎌倉研究所で創製された選択性の高い経口ALK阻害薬。NSCLC患者の2~5%といわれるALK融合遺伝子陽性患者に対し、ALKのキナーゼ活性を選択的に阻害することで、癌細胞の増殖を抑えて細胞死を誘導し、抗腫瘍効果を発揮する。海外では、スイスのロシュに導出し、欧米で臨床試験を実施中。

 用法・用量は、成人にはアレクチニブとして1回300mgを1日2回経口投与する。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録