HOME > 無季言 ∨ 

将来の薬局機能を占う大切なもの

2014年10月17日 (金)

◆高脂血症治療薬「エパデール」のスイッチOTC「エパアルテ」の販売中止、検体測定室をめぐる医師会の反対など、薬局薬剤師が重要な機能を発揮できる取り組みが揺らいでいる
◆エパアルテの販売中止は予想できた。受診前提や適正使用調査の義務づけなど条件が厳しすぎ「誰が買うのか」という声が強かった。実際に全く売れずその通りになった。まさに医師会の思惑通りで、実質的に売れないよう枠をはめられたことに、ある薬局経営者は「ほとんどイジメ」と嘆いた
◆薬局で自己血糖測定を行う検体測定室の取り組みも、医師会の壁が立ちはだかった。ただ、冷静に考えれば、検体測定室については厚労省が指針を示しているので、国が認める取り組みを粛々と進めることに異論はないはずだ
◆スイッチOTCと検体測定室の取り組みは、将来の薬局機能を占う大切なもの。逆風にさらされている今こそ、この機会を守り、失ってはならないという気概を示すべき時ではないか。目の前のチャンスを大切にしなかったツケは、必ず将来に回ってくる。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報