HOME > 訃報 ∨ 

【訃報】大塚明彦会長逝く 大塚ホールディングス

2014年12月3日 (水)

 大塚ホールディングスの大塚明彦会長が療養中のところ、11月28日に77歳で死去した。大塚グループを輸液事業を中心とする収益構造から脱却させ、治療薬を柱とした世界的な製薬企業に育て上げた。通夜・葬儀は近親者のみで執り行った。後日、お別れの会を予定している。

 徳島県鳴門市に生まれ、1960年に中央大学工学部を卒業して大塚製薬工場へ入社。76年に大塚製薬、翌77年に大塚食品の社長へそれぞれ就任し、その後はグループ各社の役員を兼任しつつ、2008年からホールディングス会長を務めてきた。

 創薬を開始して10年後の1980年に初の自社新薬としてβブロッカー「ミケラン」、気管支拡張剤「メプチン」を発売し、88年には抗血小板剤「プレタール」、90年には胃炎・胃潰瘍治療剤「ムコスタ」を投入。2002年には現在の屋台骨となる「エビリファイ」を上市させた。

 日々の健康維持・増進をサポートするニュートラシューティカルズ事業でも、ポカリスエットやカロリーメイトなどで経営手腕を発揮し、独自の商品で新たな市場を創出した。

 また、世界を視野に入れた事業展開、女性の登用を進めたほか、大塚国際美術館の館長として地域の文化活動にも貢献した。

 現在、世界で166社が医薬関連事業、ニュートラシューティカルズ事業、消費者関連事業、化学関連事業を展開。売上高は1兆4000億円、営業利益は2000億円に達する。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

訃報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録