【新製品】本態性血小板血症治療剤「アグリリンカプセル0.5mg」 シャイアー・ジャパン

2014年12月3日 (水)

 シャイアー・ジャパン=本態性血小板血症治療剤「アグリリンカプセル0・5mg」(一般名:アナグレリド塩酸塩水和物カプセル)を発売した。血小板の前駆細胞である巨核球へ選択的に作用して血小板産生を抑制する。

 本態性血小板血症は、体内の造血幹細胞の異常によって血小板が過剰に作り出され、脳卒中、心筋梗塞、消化管出血などを引き起こす希少疾患。骨髄線維症や急性白血病に進展することもある。国内患者数は3万人程度と推定されている。

 これまでは抗腫瘍薬などによる細胞減少療法が行われてきたが、アグリリンは他剤で効果不十分や不耐容だったり、新規の高リスク患者に対して長期にわたる優れた効果を示す。DNAの合成を阻害しないため、変異原性/白血病誘発性がない。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録