HOME > 無季言 ∨ 

それぞれの未来を切り開こう

2015年1月7日 (水)

◆年明けだ。今年はどんな年になるのか。薬業界にとって気になることの一つは診療報酬と薬価の改定だろう。昨春の改定から1年も経っていないが、次回改定は遠い先の話ではない。次期改定に向けた議論は今年後半以降、本格化する
◆これまでは医科、歯科、調剤が改定の成果や負担を一定の割合で分かち合ってきた。医薬分業バッシングを背景にそのバランスを崩され、調剤の一人負けになってはいけない。政治力だけでなく、客観的な数値で薬局薬剤師の有用性を示すエビデンスが必要だ。そのデータ整備は進むのか
◆薬局、ドラッグストアの再編の行方も気になる。各地の小規模薬局チェーンが大手に吸収されている。その一方で、再編が進むドラッグストアは調剤に力を入れている。ボーダレスな陣取り合戦はさらに激化するだろう
◆医療全体としては医療費の伸びを抑制し、在宅医療を推進する施策がこれからもずっと続くことは明らかだ。1年間の短期的な視野に中長期的な視野を重ねて計画を練り、それぞれの未来を切り開いてほしい。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録