HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【武田薬品】4種混合ワクチンの開発中止‐ノロウイルスなどに資源投入

2015年2月9日 (月)

 武田薬品は、沈降精製の百日咳・ジフテリア・破傷風の3種混合ワクチンにセービン株不活化ポリオワクチンを加えた4種混合ワクチン「TAK-361S」の開発を中止した。4種混合ワクチンは、既にアステラス製薬や田辺三菱製薬から供給されており、公衆衛生上、重要なワクチンに対し研究開発資源の最適投資を行う観点から、ワクチンポートフォリオを見直し、開発中止を決めた。

 今後、ノロウイルス、デング熱、インフルエンザ等のワクチン開発にグローバル規模で資本を投入する方針。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録