HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省検討会】希少癌の医療提供等検討へ初会合‐定義や体制集約化を議論

2015年3月11日 (水)

委員を前にあいさつする塩崎厚労相

委員を前にあいさつする塩崎厚労相

 厚生労働省は6日、患者数が少なく、診断や治療の難しい悪性黒色腫などの希少癌対策を検討する「希少がん医療・支援のあり方に関する検討会」の初会合を開き、標準治療の提供体制や患者の相談支援、研究開発のあり方について議論を開始した。座長に国立がん研究センターの堀田知光理事長を選任し、今年8月をメドに取りまとめを行う方針だ。

 初会合であいさつに立った塩崎恭久厚生労働相は、来年1月に公布される「がん登録法」の目的に希少癌への取り組みがあることを指摘。「待ち望んでいる患者の期待に応えられるよう議論し、重点課題である働く世代や小児の癌対策が前進するよう協力をお願いしたい」と語った。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録