HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本薬学会】太田薬学会会頭が講演「薬学教育のあり方も議論」

2015年3月31日 (火)

サイエンスへ積極コミット

 日本薬学会の新会頭に就任した太田茂氏(広島大学大学院医歯薬保健学研究院教授)は26日、日本薬学会第135年会で、「日本薬学会のさらなる発展を目指して」と題して講演。今後の方向性として、▽学術誌の活性化▽次世代を担う会員に対する支援▽日本薬学会のグローバリゼーションを通じて会員増強を進めていく――という3点を強調し、「薬学会の発展のためには会員の支援が一番」とし、取り組みへの理解を求めた。

 太田氏は、薬学会が黎明期の社会状況の中で、薬剤師のあり方や薬学教育の内容についてコミットしてきた時代があったことを紹介。現在の薬学教育システムについて「6年制は一定の結果が出てきつつある」とする一方で、4年制については、「従来の4年制通りに、役割分担として創薬を中心とする学問領域という分け方をしてきたため、6年と4年の切り分けが、実はうまくいってないのではないか」との私見を披露。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録