HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【消費者庁】一般薬の副作用、5年で死亡15例‐重症化前に薬剤師へ相談を

2015年4月13日 (月)

 消費者庁は8日、一般用医薬品の副作用による死亡例が、2009年度から13年度までの5年間で医薬品医療機器総合機構(PMDA)に15例報告されたことを踏まえ、使用者に注意を呼びかけた。同庁は、一般薬の服用で起こる重篤な副作用であるスティーブンス・ジョンソン症候群など、主な副作用の事例を紹介し、重症化する前に医師や薬剤師に相談するよう促した。

 09年度から13年度までの5年間に、製造販売業者からPMDAに報告された一般用医薬品の副作用報告数の合計は計1225例で、このうち副作用で死亡した症例が15例、後遺症が残った症例が15例に見られた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録