HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】保健医療政策に実施計画‐費用対効果評価試行導入で新部署

2015年9月28日 (月)

 厚生労働省は24日、20年後の保健医療政策ビジョン「保健医療2035」の実現に当たって、提言にある施策の実行プランを明らかにした。医薬品・医療機器の保険適用などを評価する費用対効果評価の導入に当たっては、2016年度診療報酬改定で試行的に開始する方針とし、来年度から保険局医療課に「医療技術評価推進室(仮称)」を設置することとした。

 実行プランは、「保健医療2035」の提言にある120項目の施策の実施計画を示したもの。直ちに実行すべき施策として、医療技術の費用対効果を測定する仕組みの制度化、疾患登録情報を活用した臨床開発インフラの整備、たばこフリーのオリンピック実現など97項目を掲げ、18年度までの取り組み方針を示した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録