12月16日に「第13回シーケンサー利用技術講習会 CAGEデータ解析実技講習会」開催 理化学研究所

2015年10月21日 (水)

開催日時

2015年12月16日(水)12:30‐18:30(懇親会18:30-)

場所

理化学研究所 横浜キャンパス 中央研究棟2Fセミナー室 C218/220

主催

理化学研究所 ライフサイエンス技術基盤研究センター

協力

国立遺伝学研究所

概要

国立研究開発法人理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター機能性ゲノム解析部門では、次世代シーケンサーを用いたシーケンサー利用技術講習会を毎年開催しています。今回の第13回では網羅的転写開始点解析(CAGE)データを用いた計算機による解析の方法に焦点を当てます。ヒト約1000サンプル、マウス約400サンプルを対象にした様々な細胞のCAGEデータを収録したFANTOM5の成果を活用して、解析手法に関する講義と実習を行います。

プログラム

(今後変更することがあります)

1. CAGE法、FANTOM5に関する概要
2. データの見方、使い方、品質チェックの方法
3. FANTOM5データを使ったCAGE解析実習
4. 次世代シークエンスデータの登録
5. 技術支援のご紹介(自身のCAGE解析に着手するために)
オプション ラボツア

定員

10名

ご自身で持参いただいたパソコンをクライアントとして用いLinuxサーバにアクセスした実習を行うことから、LinuxとRに関する基礎知識と経験のある方を対象者といたします。
希望者多数の場合は、参加締め切り後に書類選考にて選抜を行います。

参加費

500円(懇親会費:3000円~5000円)
当日受付へご持参ください。

お申込手続き

下記URLの申込書にご記入の上、メールに添付してお申し込みください。
http://www.clst.riken.jp/ja/topics/event/151216event/

※理化学研究所と国立遺伝学研究所は「文部科学省・ライフサイエンス研究支援基盤事業 創薬等支援技術基盤プラットフォーム」の解析拠点機能ゲノミックス領域として創薬等の研究を支援するために次世代シーケンス解析技術を提供しています。本事業の一環として、次世代シーケンサー利用技術の普及を目的とした講習会を実施いたします。

お問合せ・お申込先

国立研究開発法人 理化学研究所
ライフサイエンス技術基盤研究センター 機能性ゲノム解析部門
シーケンサー利用技術講習会担当
〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22
Tel:045-503-9237
E-mail:LSA-support@riken.jp




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

研修会 セミナー 催し物 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録