HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

日本初のムコ多糖症II型治療剤‐「エラプレース」をスピード発売

2007年10月19日 (金)

関連検索: ムコ多糖症 エラプレース ジェンザイム・ジャパン

 ジェンザイム・ジャパンは17日、遺伝子組換えムコ多糖症II型治療剤「エラプレース点滴静注液6mg(一般名:イデュルスルファーゼ・遺伝子組み換え)」を発売した。同日付で薬価基準に緊急収載されたことを受けたもので、4日の承認からわずか2週間という異例のスピード発売となった。

 ムコ多糖症II型は、ムコ多糖を分解する酵素が先天的に欠損したり、活性が低下することで組織細胞内にムコ多糖が蓄積されるX染色体劣性遺伝性の疾患。進行性のため、低身長、骨変形、精神発達遅滞、心肥大などの症状から機能障害を引き起こし、10015歳の若さで死亡する患者も少なくない。しかし、日本ではムコ多糖症II型の進行を抑える有効な治療法はなく、対症療法にとどまっていたのが現状で、重篤な疾患だけに新しい治療薬の登場が待たれていた。

 こうした背景から、同剤は2006年12月に希少疾患用医薬品に指定され、それ以来07年1月の承認申請、9カ月後の薬価収載、同日発売という異例の展開を辿った。

 同剤は、ムコ多糖症II型に対する新有効成分イデュルスルファーゼ(遺伝子組み換え)を含む酵素補充製剤。1回体重1kg当たり0・5mgを点滴静注することで、ムコ多糖症II型の原因となっているムコ多糖の蓄積を軽減し、患者のQOL向上と心肺機能の改善が期待できる。

 既に海外では、米国、EUなど33カ国で承認済みで、世界で約500人の患者が同剤の恩恵を受けている。今回、日本でも初めて発売に至ったことで、ムコ多糖症II型患者の唯一の有効な治療法になるものと見られる。

 薬価は、エラプレース点滴常注液6mgが1バイアル当たり38万5303円。

関連検索: ムコ多糖症 エラプレース ジェンザイム・ジャパン




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録