HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【保団連】東京地裁判決で声明‐医療崩壊を加速させる

2007年11月9日 (金)

関連検索: 全国保険医団体連合会 東京地裁 混合診療 医療格差 医療崩壊 医療保険

 全国保険医団体連合会は8日、混合診療を原則禁止する国の法解釈を否定した7日の東京地裁判決に対し、混合診療を解禁すれば保険外負担を払えない人と払える人との医療格差が生じ「医療崩壊を加速させる」などとする声明を発表した。

 声明では「新しい治療方法を患者の負担を極力軽減して一刻も早く受けたいという原告の気持ちは、痛いほどわかる」と、原告に理解を示しつつも、「必要なことは保険導入するにふさわしい医療であれば、いつまでも混合診療の状態に置かず、迅速に保険導入することである」と指摘した。今回の訴訟で問題になった「活性化自己リンパ球移入療法」も保険導入すべき技術だとしている。

 保団連によると、1989年2月に東京地裁で、混合診療禁止は妥当との判決が出されており、解禁すれば「差額徴収時代にみられたより大きい弊害を招く」とされていたという。

関連検索: 全国保険医団体連合会 東京地裁 混合診療 医療格差 医療崩壊 医療保険




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録