HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【武田薬品】抗肥満薬「コントレイブ」、オレキシジェンと契約を解消

2016年3月24日 (木)

 武田薬品は、米バイオベンチャー「オレキシジェン・セラピューティクス」から導入し、米国で販売している抗肥満薬「コントレイブ」について、独占販売契約を解消すると発表した。導入時に最大10億ドル以上の契約を締結していたが、販売戦略上の理由からコントレイブの権利を完全に手放すことを決めた。

 武田は、2010年にオレキシジェンから、コントレイブの米国・カナダ・メキシコにおける独占的開発・販売権を取得。最大10億ドルを超えるマイルストン、該当する地域での販売額に応じた二桁の料率のロイヤリティを支払う契約となっていた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録