HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【健保連調査】ジェネリック医薬品服用者は約17%‐特に不安なしが7割

2007年11月26日 (月)

関連検索: 健康保険組合連合会 健保連 ジェネリック医薬品 後発品 後発医薬品 意識調査 アンケート

 健康保険組合連合会が発表した「医療に関する国民の意識調査」で後発品が取り上げられた。服用経験のある患者は少数だったものの、先発品と比べ「効き目は変わりない」「安全性に不安を感じなかった」との回答が7割を超え、概ね好意的に受け止められていた。健保連の椎名正樹理事は「思い切った使用促進が必要だ」と指摘した。

 調査は9月に2000人を対象にアンケートを郵送し、1263人から回答を得た。

 その結果、後発品に関しては「知っている」が74.4%を占め、うち服用経験のある人は17.6%だった。

 服用者では、先発品に比べ薬の効き目は「変わりない」が72.7%、「安全性に不安を感じなかった」も73.9%に上った。

 ただし、窓口負担が「かなり安くなった」と感じているのは46.7%にとどまり、「それほど変わらなかった」「わからない」を合わせた52.1%を下回った。

 後発医薬品の使用経験がない理由の1位は、「医療機関や薬剤師に勧められたことがない」で52.5%だった。2位は「病気をしないため、薬を処方されたことがない」で46.0%。このほか、「医師に後発品処方を断られた」「医療機関や薬剤師に断られた」などが少数ながら見られた。

関連検索: 健康保険組合連合会 健保連 ジェネリック医薬品 後発品 後発医薬品 意識調査 アンケート




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録