HOME > 無季言 ∨ 

医療のあるべき姿の議論を

2006年6月5日 (月)

◆医療制度改革法案の国会審議が進んでいる。前半戦の衆議院厚生労働委員会では医療提供体制、中でも地方における小児科、産科、救急といった分野の医師不足問題に、多くの時間が割かれた
◆医師不足は深刻な状態にあり、参考人の意見聴取などを通して、現場の医療機関や自治体から、窮状の改善を訴える声が相次いだ。地域の小児科・産科医療などは崩壊の危機に瀕しており、看過できない厳しい状況が理解されたことと思う
◆一方で後期高齢者医療制度の創設に関しては、議論に費やされた時間がそれほど多くなかったように感じる。医療制度改革がここまで先延ばしされてきた最大の要因は、高齢者医療制度の骨格が固まらなかったことだ
◆医師不足の改善や高齢者医療以外にも、審議を深めなければならない事項は山積している。だが野党も今回の審議を拙速と非難し、時間をかけた十分な審議が必要というなら、委員会欠席という手段は取るべきでないだろう。与野党出席の下で、医療のあるべき姿を真摯に議論してほしい。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録