HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日薬連・製薬協】薬価の「毎年改定」反対で緊急声明

2006年6月15日 (木)

 政府・自民党が今年に続き来春も薬価改定を検討しているとの一部報道を受け日本製薬団体連合会と日本製薬工業協会は15日、毎年改定に対し改めて反対する緊急声明を発表した。

 声明では「4月の薬価引き下げにより収益に大きな影響を被った製薬産業にさらに深刻な打撃を与えることを強く憂慮するものである。したがって、これ以上の財政収支優先のルール変更、及び、これによる薬価の引き下げは到底容認することができない」との態度を表明した。

 このままでは「製薬産業の国際競争力の大幅な低下が懸念される」と懸念し、さらに毎年改定となれば、「さらに悪化させることが懸念され、ひいては国民の医療水準の低下をもたらす」と牽制した。

 報道を受け声明を出したことについて製薬協は、「反響が非常に大きい。株式市場にも影響が出た」と理由を説明。製薬協幹部は、歳出改革の議論で社会保障費の抑制という国の枠組み議論の中で、薬が先にクローズアップされて出てくることに強い不満と戸惑いを見せている。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録